有線/無線ルーター・アナログモデム ソフトウェア・ハードウェアともに自社開発 通信・ネットワーク機器のOEM/ODM

 

トップお客様サポートNetGenesisシリーズ よくある質問 > FAQ番号:0003

製品リスト
ブロードバンドIPルーター
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
M2M向けIoTゲートウェイ
MR-GM3-D/K/S/DK
MR-GM3L
無線LANモバイルルーター
MR-GM3-W
MR-GM2
アナログモデム
MD30U
MD30E
MD50ER
MD50SP
 
販売終了製品
よくある質問
NetGenesisシリーズ よくある質問
MR-GM3-D/K/S/DK よくある質問
MR-GM3L よくある質問
MR-GM3-W よくある質問
MR-GM2 よくある質問
MDシリーズ よくある質問
UnifiedGate よくある質問
その他サポート情報
Windowsサポート情報
NetGenesis設定ガイド
ファイアウォール設定例
Q.どの機種を選べばいいですか?

現在販売中のNetGenesisについて目的別にご案内致します。

■Webや動画閲覧、メール送受信など一般的なインターネットアクセスをしたい。
どのNetGenesisでも快適なインターネットアクセスが可能です。
ご利用の回線速度に応じて選択することをお勧めします。
  
100Mbps以下の回線 NetGenesis SuperOPT100E(MR-OPT100E)
100Mbps超の回線 NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
■各種サーバーやWebカメラ等をインターネット側からアクセスできるようにしたい。
それらを実現するためにはポート解放(静的IPマスカレード)が必要ですが、どのNetGenesisでもポート解放(静的IPマスカレード)の設定が可能です。
ご利用の回線速度に応じて選択することをお勧めします。
  
100Mbps以下の回線 NetGenesis SuperOPT100E(MR-OPT100E)

より高い処理能力を必要とする場合は、
NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
をご利用下さい。

100Mbps超の回線 NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
■2本のインターネット回線を使って回線冗長化や負荷分散を行いたい。
2つのWANポートを搭載したNetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)をご利用下さい。
また、ファームウェアをV5.304.00以降にバージョンアップすることにより、負荷分散機能にも対応します。(2014年3月15日以降は出荷版より対応)
■NetGenesisの設定をインターネット側から管理したい。
以下の機種であれば、WAN(インターネット)側からの設定を許可することができます。
また、ID/パスワードに加えて、設定ポート番号(工場出荷値:TCP80)の変更や、アクセスを許可するIPアドレス/ネットワークアドレスの登録により、設定情報を保護することができます。
NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+)
NetGenesis SuperOPT-TS(MR-OPT-TS)
■50台以上の端末を接続したい。
NetGenesisはパソコンの接続台数に制限は設けていません。
但し、IPアドレス変換時の同時に処理できる通信セッション数に制限があります。
各機種の最大通信セッション数をご確認下さい。
  
型番 最大通信セッション数
NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
16,384
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+) 8,192
NetGenesis SuperOPT100E(MR-OPT100E)
NetGenesis SuperOPT-TS(MR-OPT-TS)
2,048
※NetGenesis GigaLink2000は、WANポート1、WANポート2の合計で16,384セッションです。
※WANポートの動作モードがアンナンバード(IPアドレス無変換)やローカルルータの場合、上記セッション数の制限は適用されません。
※多数のパソコンから同時に通信を行うと応答に遅延が発生したり、通信速度が低下したりする場合があります。
※NetGenesisのDHCPサーバー機能で付与可能なIPアドレス数は最大253個です。
■アナログ電話回線を経由して外部から着信接続したい。
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+)をご利用下さい。
内蔵モデムを使用したRASサーバーIP接続による着信接続により、電話回線を通じてNetGenesis SuperOPT-ITS PlusのLAN内にアクセスすることができます。
※内線交換機(PBX)の環境下では着信できない場合があります。
内線交換機の「呼出信号」がNTT一般公衆回線に準拠した仕様であることをご確認下さい。
■ISDN回線(INSネット64)を経由して外部から着信接続したい。
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+)のシリアルポートに外付けISDNターミナルアダプタを接続してご利用下さい。
外付けISDNターミナルアダプタを使用したRASサーバーIP接続による着信接続により、ISDN回線を通じてNetGenesisのLAN内にアクセスすることができます。
■アナログ専用線で使いたい。(3.4KHz 2線式アナログ専用線)
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+)をご利用下さい。
NetGenesis SuperOPT-ITS Plusの内蔵モデムは3.4KHz 2線式アナログ専用線に対応しています。
※4線式アナログ専用線には対応しておりませんのでご注意下さい。
■TV会議システムやSkype等の音声映像を途切れなくしたい。
優先ルーティング機能とシェーピング機能を搭載した機種をお勧めします。
音声映像に使用する通信を優先処理、および平滑化して通信品質を向上します。
優先ルーティング機能&シェーピング機能搭載機種
 ・NetGenesis GigaLink2000(MR-GL2000)
 ・NetGenesis GigaLink1000(MR-GL1000)
 ・NetGenesis SuperOPT-ITS Plus(MR-OPT-ITS+)
 ・NetGenesis SuperOPT-TS(MR-OPT-TS)

 

NetGenesisシリーズ よくある質問へ戻る

 

 

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.