拠点間ネットワーク 広域イーサネット、IP-VPNと同様の環境を低コストで実現する拠点間HUB

お客様のイノベーションをワンストップでサポート

本社と支社や自治体様の施設間をつなぐ通信には、セキュリティ面を考慮した広域イーサネットやIP-VPNなどを導入されている方も多いです。通信の安定性やカスタマイズ性、そしてセキュリティレベルも高いことから、
広域イーサネットやIP-VPNを選ばれてます。しかしいずれも通信コストは高額です。本ソリューションは安価で広域イーサネットやIP-VPNと同様の環境を実現させるご提案です。

課 題

解 決

煩雑な管理体制

自由度が高いことはわかるが、管理が容易ではない。専門会社への依存度が高く、結局は高コストに。

arrow

NATトラバーサル機能による設定

UnifiedGateは既存の環境に変更を加えることなく、新たに安価なレイヤー2VPNを構築することが可能です。

高額な運用コスト

専用線を使っているので通信費が高額。メンテナンス費用も合わせると更に高額なコストでの運用に。

arrow

低コストで通信帯域の拡張が可能

UnifiedGateは専用線を利用せずに、インターネット回線で低コストな通信帯域の拡張が可能です。

専用機器と専用クライアントソフト

カスタマイズ性が高いがゆえに、専用機器やソフトも必要となる。いずれも高額なためコスト高に。

arrow

各拠点に機器を設置するだけ

広域イーサネットの場合、各拠点に回線終端装置やコンバータなど機器が必要ですが当レイヤー2VPN環境は、各拠点にUnifiedGateを設置するだけです。

ソリューション概要

広域イーサネットサービスやIP-VPNと同様の環境を容易に、
かつ低コストで実現

UnifiedGate(ユニファイドゲート)はインターネット網や地域IP網などを利用して、広域イーサネットサービスやIP-VPNと同様の環境を容易に、かつ低コストで実現することが可能なレイヤー2VPN装置です。
通常の広域イーサネットやIP-VPNは別々のセグメントで管理しますが、UnifiedGateは仮想広域イーサネット(拠点間HUB)を利用し、同一セグメントで管理を簡素化します。
別々の環境にある機器を同一の環境にすることにより、管理、運用の簡素化を図ります。UnifiedGateは拠点間HUBとして機能します。
この環境を構築することで、これまで高額だった通信コストやメンテナンスコストの軽減を図ります。最大でこれまでの通信コストを1/10まで圧縮した実績があります。

導入製品UnifiedGateシリーズ UnifiedGateTwine

ギガビットイーサネット対応 センター拠点に最適

より早く、より簡単に。そして安全に。
プロトコルフリーなレイヤー2VPN環境(拠点間HUB)を実現。

UnifiedGate(ユニファイドゲート)はインターネット網や地域IP網などを利用して、広域イーサネットサービスと 同様の環境を容易に、かつ低コストで実現することが可能なレイヤー2VPN装置です。
UnifiedGateによって構成されるレイヤー2VPNは、VPNルーターを用いた一般的な”インターネットVPN”による 拠点間接続(レイヤー3VPN)と異なり、各拠点を同一ネットワーク(LAN)として扱えるようになります。

機能及び効果

通信コストの削減

  • 高額な専用回線を使わずともブロードバンド回線を利用して、高度な暗号化技術(IPsec)で安全な通信が可能となります。しかも大幅な通信コストの削減が実現できます。

運用コストの削減

  • 設定と同様に管理項目も分かりやすく簡単なため、自分たちで各拠点の情報を管理することが容易になります。拠点の追加、削除などの運用面でもGUIで簡単に操作できるので、運用コストの削減が可能です。

煩雑な運用からの開放

  • 別々の拠点にある機器を同一の環境にすることにより、管理・運用の簡素化を実現しました。

既存拠点のルーターの設定変更不要

  • 既存の環境に変更を加えることなく、新たなセグメントの追加が可能です。
    UnifiedGateにより各拠点間はレイヤー2のトンネルが張られ、強固に暗号化(IPsec)されているため、安全な通信が確保されます。

低コストで通信帯域の拡張が可能

  • ブロードバンド回線を追加して低コストで通信帯域の拡張が可能です。二つの回線(異なるキャリアでも可)を束ねて利用することにより、拠点間の通信帯域を安価に拡張することが可能です。また、回線の冗長化も可能です。
    ※リンク・アグリゲーション対応のスイッチングHUBが別途必要です。

高速暗号化通信が可能

  • UnifiedGate Twineを使用することで、安価な拠点間の高速暗号通信を実現します。
    UnifiedGate Twine 約170Mbps

次世代のIPv6にも対応

  • IPv4枯渇に備え、また次世代インフラに対応するために、WAN/LAN側インターフェイスでIPv6をサポートしています。
    これにより、拠点間のIPv4カプセリング、IPv6カプセリングが実現できます。

動的IPアドレス契約により料金安

  • システム上、1ヶ所の固定のグローバルIPアドレスが必要ですが、他は動的IPアドレスで利用可能となり、複数拠点間接続において月々のランニングコストを低減することが可能です。

おすすめの業種

官公庁・自治体
教育・研究機関
医療施設
金融機関
支社のある企業
工場など

ソリューションサービスの特長

お客様のニーズ分析

私たちの技術はシーズ型ではなく、ニーズ型です。常にお客様が何をもとめているか?どんなことにお困りなのか?どんなサービスに利便性を感じられるか?を常に研究し製品開発に活かしています。このような考えのもと、これまでもさまざまなお客様のニーズを解決してきました。
その経験や技術の蓄積が現在の私たちのサービスに役立っています。

課題を解決する技術

当社製品MR GMxシリーズはモバイル・ルーター/IoT ゲートウェイ製品です。
ベース・プラットフォームとして組み込みLinux を採用し製品化にあたって必要なドライバープログラム、ミドルウェア、通信制御ファームウェア、ハードウェアはすべて当社で開発・製品化しています。高い技術力は創業以来培ってきた資産であります。
各製品はお客様の抱える課題を解決するためのカスタマイズも可能です。

専門チームで対応

社内には技術スタッフ、マーケティングスタッフ、サポートスタッフなどが揃っており、各専門部署スタッフが集結しお客様の課題を解決いたします。
技術だけが強い会社にありがちな、使いにくい製品を納めて終了ということはございません。お客様にとって使いやすい製品、故障しない製品を目指し、日々努力を欠かしません。

信頼のおけるファブレス

ファブレスとは「fabrication facility less」の略語です。設計・開発を自社にて行い、他社の工場を使用し製造する手法です。当社は創業当時からファブレスにこだわり、製品のコンセプトづくり、設計、開発に注力しています。持たない資産経営の実現というより、自社が得意とする技術力に資源を集約させています。製造は海外の信頼のおける複数の工場と提携しています。

実績に裏付けされた品質

1987年会社設立以来、通信 ・ ネットワーク製品の先端を歩み、社内に蓄積してきた高度なハードウェア開発技術とソフトウェア開発技術をベースに、数多くの自社ブランド製品並びにODM製品を提供し続けてきました。そしてそれらの製品は、個人ユーザー様、法人ユーザー様及びODM顧客様より高い評価を受けておりました 。

イノベーションとテクノロジー

通信環境における技術革新は日進月歩であり、最新技術も1ヶ月後は陳腐化されることさえ生じます。当社の開発コンセプトは“Universal Gateway”、「プロトコルの異なるネットワーク間を制御し、接続させる機器」と一般的に解釈されていますが、当社では「世の中に存在するアナログ・デジタルインターフェイスを制御し、通信させる機器の基盤開発」と捉えています。
お客様へ最高の価値を提供するために、技術におけるイノベーションを繰り返しています。

最大価値の追求

お客様に満足いただける要素としての「高機能」「高品質」に加え、“Across the Network”の企業理念に基づき各種さまざまなネットワークをシームレスに接続した「快適」な機器をご提供し、高度なセキュリティ技術を駆使し「安全」「安心」なネットワークコミュニケーション環境を創造し続けます 。

その他のunifiedGateの導入事例

UnifiedGate1005 広島大学・キャンパス間ネットワークを救う。

2018年7月、西日本豪雨災害によって、広島大学のキャンパス間ネットワークが破断の危機に瀕しました。
UnifiedGate1005は暫定の通信環境を築き、その危機を救いました。

広島大学ではキャンパス間通信やインターネット接続に光ファイバーケーブル(以下、光ファイバー)を敷設し活用しています。
2018年7月6日~7日にかけて西日本を襲った豪雨により、国道2号線沿いの広島市安芸区内の中野東地区と上瀬野地区において、瀬野川の濁流が土砂崩れを起こし、光ファイバーが損傷被害を受けました。いつ通信断が発生しても不思議でない状況でした。 迂回工事では光ファイバーのすべての芯線が一時的に切断されますが、その間ネットワークが途切れないよう代替通信環境を築いたのが UnifiedGate1005です。
迂回工事の期間中、キャンパス間通信のうち重要なものがUnufiedGateによりバックアップされました。

ソリューションに適合する製品

プロトコルフリーなレイヤー2VPN装置 拠点間HUB

UnifiedGate Twine

  • ・イーサネットフレームを拠点間で利用可能
  • ・さまざまな回線に対応
  • ・拠点接続トポロジの柔軟性

プロトコルフリーなレイヤー2VPN装置 拠点間HUB

UnifiedGate404

  • ・イーサネットフレームを拠点間で利用可能
  • ・さまざまな回線に対応
  • ・拠点接続トポロジの柔軟性

ソリューションのながれ

01依 頼

お客様からのご相談・依頼に丁寧に対応

02提 案

お客様の課題を解決するソリューションをご提案

03企 画

ご提案に基づいた製品を企画

04評 価

製品としての信頼性評価・環境評価

05納 品

お客様が指定した場所に納品

法人向けソリューション

  • バス

    Free Wi-Fiをバス車内に導入。走行中も安定の通信環境を

  • アパレル

    アパレル店舗の業務用タブレットやスマートフォンで、Wi-Fiルータを使った通信環境を確立

  • パーキング

    コインパーキングの精算機やゲートのメンテナンスにIoTゲートウェイで通信環境を構築

  • コンビニエンスストア

    コンビニエンストアの店舗でデジタルサイネージ配信

  • スーパーマーケット

    IoTゲートウェイ機器を使いスーパーマーケット、小売店のレジ・業務用タブレットから、少量のPOSデータを送信

  • 監視カメラ

    マンションなどの集合住宅の防犯に監視カメラを設置。低コストで構築する監視カメラ通信システム

  • 広域イーサネット

    広域イーサネット、IP-VPNと同様の環境を低コストで実現する拠点間HUB

  • 在宅ワーク

    テレワーク。自宅や支社オフィスで、本部と同じ安全な環境を安価で築く通信ネットワーク

  • O2O

    店舗向けWEBクーポンの配信。無線LANルーターで顧客のスマートフォンへリアルタイムに配信

サポート

製品サポートページ

各製品のサポート情報を掲載しています。
製品の更新情報・マニュアルのダウンロード・ファームウェアなどのご案内はこちらをご参照ください。