インターネットや地域IP網を利用して、レイヤー2VPNによる拠点間接続を実現する。レイヤー2VPN装置UnifiedGate304。

 

mainimg

ブロードバンドルーター・アナログモデム等製品の製品型番をご入力下さい。

サポートページはこちら
よくある質問はこちら

お問い合わせ

ルーター製品
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-ITS
NetGenesis SuperOPT-GFive
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
無線LANモバイルルーター製品
MR-GM2
Genemova
レイヤー2 VPN製品
UnifiedGate1005
UnifiedGate505
UnifiedGate404
UnifiedGate Software Client
UnifiedGate304
アナログモデム製品
MDシリーズ ラインナップ
  MD30U
  MD30E
  MD50ER
  MD50SP
MR560E5
MR560MD5
MR560MD11
ネットワークプラットホーム製品
Linux Box NV1100
Linux Box NV1000
Linux Box NV710
ケーブルモデム・モジュール

画像ライブラリ

価格.com
満足度ランキング
1位 継続中

マイクロリサーチが支持される理由

トップ製品紹介 >レイヤー2VPN装置 UnifiedGate304 製品特長

UnifiedGate304

DDNSサーバー機能 4ポートスイッチングHUB搭載 UnifiedGate304 プロトコルフリーなレイヤー2VPN環境を実現

品名 型番 価格
UnifiedGate304 MR-UG304 オープンプライス
カタログダウンロード 購入する
法人向け評価機貸出 ご購入前に製品の動作確認を行いたい法人様へ2週間無料でお貸出し。

回線図
レイヤー2VPN装置UnifiedGate304の特長
UnifiedGate304はインターネット網や地域IP網などを利用して、広域イーサネットサービスと同様の環境を容易に、かつ低コストで実現することが可能なレイヤー2VPN装置です。
UnifiedGateによって構成されるレイヤー2VPNは、VPNルータを用いた一般的な”インターネットVPN”による拠点間接続(レイヤー3VPN)と異なり、各拠点を同一ネットワーク(LAN)として扱えるようになります。

Case1 拠点間でのリソース共有

回線図
拠点間での共有リソース(各種ファイルサーバーやプリンタ等)へのアクセスが容易に。
レイヤー2VPNにより、拠点間でのIPブロードキャスト通信が可能になりますので、共有リソースのアクセスは、覚え難い「IPアドレス」ではなく、個々のサーバーに付けた「名前」でアクセスすることが可能になります。

Case2 拠点を跨いだタグVLAN環境

回線図
拠点を跨いだシームレスなネットワーク環境の構築が可能に。
インターネットVPN(レイヤー3VPN)では通すことが出来ないIEEE802.1Qのタグ情報が、レイヤー2VPNでは容易に通すことが出きるため、拠点を跨いだタグVLAN環境を構築することが可能です。

Case3 IPマルチキャストによる映像の一斉配信

回線図
複雑なネットワーク設定を必要とせず、拠点を跨いだ様々な通信が可能に。
ルーティングの設定やIGMPの設定等、複雑な設定は必要とせず、容易にIPマルチキャストネットワークを構築することが可能です。

回線図
各種管理装置・システムの一元管理が可能に。
(運用管理負担軽減)

インターネットVPN(レイヤー3VPN)では実現できなかったIEEE802.1X認証スイッチの共有(一元管理)が可能です。

UnifiedGate304の特徴

さまざまな回線に対応
固定IP設定、PPPoEクライアント、DHCPクライアントに対応していますので、さまざまなブロードバンド回線の利用が可能です。
あらゆるイーサネットフレームを拠点間で利用可能(マルチプロトコル対応)
レイヤー3VPN装置では行えなかった、IP以外のプロトコル通信(ARP、NetBIOS、AppleTalk、Netware、DEC-Net、SNA、FNA等)を行うことが可能になります。
拠点間接続トポロジの柔軟性
フルメッシュ型とスター型の拠点間接続トポロジに対応していますので、お客様のニーズに合わせてより最適な通信が可能です。
3種類のトンネリング方式に対応
EtherIP、UDPカプセル、IPSecの3方式の選択が可能で、ご利用状況に応じセキュアで柔軟なレイヤー2VPN構築が可能です。
DDNS機能の搭載
DDNS機能を利用することにより、DDNSサーバー側は固定IPアドレス契約が必要ですが、DDNSクライアント側は動的IPアドレス契約でも対応可能となります。
多拠点接続において、月々のランニングコストを削減することが可能です。
多彩な設定、管理機能を搭載
http(WWWブラウザ)によるGUI設定、telnetによるCLI設定、及びSNMPエージェント機能に対応しています。
ローカル側からはもちろん、遠隔地からメンテナンスを行うことが可能です。

従来機種からの追加・強化機能

スループットの向上(最大40%)
スループットが従来機種(UnifiedGate201)より最大40%向上しました。
 ●EtherIP:70Mbps
 ●UDPカプセル:60Mbps
※実際のスループットは、利用回線の速度やネットワーク内部のトラフィック状況等、利用環境に依存します。
MDI/MDI-X自動認識機能
UnifiedGate304はMDI/MDI-Xを自動的に認識しますので、ストレート/クロスケーブルを意識する必要がなくなりました。
LANポート/WANポート切り替え機能
UnifiedGate304はLAN側4ポート、WAN側1ポートの物理ポートを持っていますが、本機能によりLAN側1ポート、WAN側4ポートHUBとして使用する事ができます。
本機能を利用することにより、1つの物理線で複数の論理線(PPPoE)を使用できる回線において、モデムやONUに複数のUnifiedGateおよびルータを接続する場合、別途HUBを用意する必要が無くなります。
LAN側に4ポートのスイッチングHUBを搭載
従来のUnifiedGateはLAN/WAN共に1ポートしかなく、お客様の環境によってHUB増設を必要とするケースがありました。
UnifiedGate304はLAN側に4ポートのスイッチングHUBを搭載していますので、「VPN接続兼HUB的機能」としても利用可能になり、より柔軟なネットワーク構築が可能になります。
 	DDNS機能の拡張
従来機種(UnifiedGate201)に搭載されたDDNSサーバー機能では、NAT/NAPTルータ配下にDDNSクライアントとなるUnifiedGateは設置できませんでした。
UnifiedGate304ではNAT/NAPTルーター配下にあるUnifiedGateでもDDNSクライアント機能が使用できるようになりました。
 

日本全国の法人ユーザー様を対象として、「UnifiedGate」のオンサイト保守サー ビスをご用意しております。
万一の際に備えた機器障害の早期対応と障害復旧サポートのニーズにお応え致します。

   
サービス概要
 
対象ユーザー 法人ユーザー
対象エリア 一部離島を除く日本全国
保守メニュー 標準オンサイト保守サービス(平日 9:00〜17:30)
拡張オンサイト保守サービス(24時間365日)
その他 障害拠点までの交通費や代替品のコストなどは保守サービスに含まれます。
   
お問い合わせ先
  株式会社マイクロリサーチ 法人営業担当
電話番号:03-3458-9021
E-mailでのお問い合わせは こちら からお問い合わせ下さい。

商品に関するお問い合わせご不明点はお気軽にご相談下さい。

UnifiedGate304はインターネットや地域IP網などを利用して、
広域イーサネットサービスと同様の環境を容易に、低コストで実現することが可能なレイヤー2VPN(L2VPN)装置です。

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.