UnifiedGate テレワーク・ソリューション

「テレワークセキュリティガイドライン」 (総務省)
 https://www.soumu.go.jp/main_content/000545372.pdf をもとに作成


厚生労働省 新型コロナウィルス感染症対策のためのテレワーク助成金
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

■対象事業主: 新型コロナウイルス感染症対策としてテレワークを新規で導入する中小企業事業主

■助成対象の取組:
テレワーク用通信機器の導入・運用、就業規則・労使協定等の作成・変更など

■主な要件: 事業実施期間中にテレワークを実施した労働者が1人以上いること

■助成対象事業実施期間:
令和2年2月17日~5月31日

■支給額:
費用の1/2を助成(上限額は100万円)



東京都 事業継続緊急対策(テレワーク)助成金
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/03/05/27.html

https://www.shigotozaidan.or.jp/koyo-kankyo/joseikin/kinkyutaisaku.html

■助成対象の取組:
テレワークの導入に必要な機器やソフトウエア等の経費

■主な要件: 常時雇用する労働者が2名以上999名以下で、都内に本社または事業所を置く中堅・中小企業等
都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」(外部リンク)に参加していること
 
■助成対象事業実施期間:
令和2年3月6日~6月1日

■支給額:
費用の10/10を助成(上限額は250万円)



厚生労働省 働き方改革推進支援助成金(テレワークコース)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/telework_10026.html

■助成対象の取組: テレワーク用通信機器の導入・運用、就業規則・労使協定等の作成・変更など

■主な要件: 厚生労働省のページ(外部リンク)をご確認下さい。
 
■助成対象事業実施期間: 厚生労働省のページ(外部リンク)をご確認下さい。

■支給額:
費用の3/4または1/2を助成(成果目標達成状況に応じて)

 

UnifiedGateとは?
  UnifiedGate とは、物理的に離れた拠点間(例:勤務先~自宅)を 同一のネットワークとして利用できるレイヤ2・VPN装置です。
 ⇒ 
テレワーク用通信機器
に相当 (テレワーク助成金対象
 

 

UnifiedGateの効果は?


 

UnifiedGate テレワーク・パッケージ 105 (1:5セット)
UnifiedGate Twine 1
Software Client 5 ライセンス
通常パッケージ: \235,400
テレワーク・パッケージ: \198,000
   
UnifiedGate テレワーク・パッケージ 110 (1:10セット)
UnifiedGate Twine 1
Software Client 10 ライセンス
通常パッケージ: \305,800
テレワーク・パッケージ: \253,000
   
UnifiedGate テレワーク・パッケージ 120 (1:20セット)
UnifiedGate Twine 1
Software Client 20 ライセンス
通常パッケージ: \446,600
テレワーク・パッケージ: \352,000

※UnifiedGate Software Clientの対応OSはWindows 10 /Windows 7(日本語版)です。