有線/無線ルーター・アナログモデム ソフトウェア・ハードウェアともに自社開発 通信・ネットワーク機器のOEM/ODM

 

トップお客様サポートNetGenesisシリーズ よくある質問 > FAQ番号:0048

製品リスト
ブロードバンドIPルーター
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
M2M向けIoTゲートウェイ
MR-GM3-D/K/S/DK/DKS
MR-GM3L
無線LANモバイルルーター
MR-GM3-W
MR-GM2
アナログモデム
MD30U
MD30E
MD50ER
MD50SP
 
販売終了製品
よくある質問
NetGenesisシリーズ よくある質問
MR-GM3-D/K/S/DK よくある質問
MR-GM3L よくある質問
MR-GM3-W よくある質問
MR-GM2 よくある質問
MDシリーズ よくある質問
UnifiedGate よくある質問
その他サポート情報
Windowsサポート情報
NetGenesis設定ガイド
ファイアウォール設定例
Q.NetGenesis GigaLink2000の回線冗長化機能とはどのような機能ですか?

NetGenesis GigaLink2000の回線冗長化機能とは、通信ポートをメインポートとバックアップポートに割り当てることにより、回線切断が発生した場合にルーターのデフォルトゲートウェイを自動的に切り替える機能です。


■メインポートとバックアップポートの設定について
通常時に使用する通信ポートを「メインポート」として設定し、メインポートの回線切断時に使用する通信ポートを「バックアップポート」として設定します。
メインポートは1つ、バックアップポートは最大4つまで設定することができます。
また、PPPoEセッションはWANポート1とWANポート2に自由に振り分けできますので、様々な組み合わせで設定することができます。
設定例1
WANポート1(メインポート) PPPoEクライアント接続(セッション1)
WANポート2(バックアップポート) DHCPクライアント接続
設定例2
WANポート1(メインポート) PPPoEクライアント接続(セッション1)
WANポート2(バックアップポート) PPPoEクライアント接続(セッション2)
PPPoEクライアント接続(セッション3)
PPPoEクライアント接続(セッション4)
設定例3
WANポート1(メインポート) DHCPクライアント接続
WANポート2(バックアップポート) PPPoEクライアント接続(セッション1)
PPPoEクライアント接続(セッション2)
PPPoEクライアント接続(セッション3)
PPPoEクライアント接続(セッション4)
■回線切断の検知について
NetGenesis GigaLink2000は、以下の4つのケースを回線切断状態として検知します。
・PING回線死活監視機能によりメインポートの切断を検知した(PING応答が無い)場合。
・PPPoE接続が正常に完了しない、もしくは切断された場合。(PPPoEクライアント接続時)
・IPアドレスを自動取得(更新)できない場合。(DHCPクライアント接続時)
・WANポートがリンクダウンした場合。(IPアドレス固定接続・ローカルルータ接続時)
※PING回線死活監視機能を使用するためには、ファームウェアをV5.304.00にバージョンアップする必要があります。
ファームウェアバージョンアップについては
こちら を参照して下さい。
■回線接続の検知について
NetGenesis GigaLink2000は、以下の4つのケースを回線接続状態として検知します。
・PING回線死活監視機能によりメインポートの接続を検知した(PING応答が有った)場合。
・PPPoE接続が正常に完了した場合。(PPPoEクライアント接続時)
・IPアドレスを自動取得(更新)できた場合。(DHCPクライアント接続時)
・WANポートがリンクアップした場合。(IPアドレス固定接続・ローカルルータ接続時)
※PING回線死活監視機能を使用するためには、ファームウェアをV5.304.00にバージョンアップする必要があります。
ファームウェアバージョンアップについては
こちら を参照して下さい。
■PING回線死活監視機能について
PING回線死活監視機能は、メインポートの監視を行う機能です。
バックアップポートの監視を行うことはできませんのでご注意下さい。
※PING回線死活監視機能を使用するためには、ファームウェアをV5.304.00にバージョンアップする必要があります。
ファームウェアバージョンアップについては
こちら を参照して下さい。
■バックアップポートの動作について
バックアップポートで動作中にバックアップポートの回線切断状態を検知した場合は、次のバックアップポートに切り替わります。
  
メインポート1(回線切断検知)
バックアップポート1(回線切断検知)
バックアップポート2(回線切断検知)
バックアップポート3(回線切断検知)
バックアップポート4(回線切断検知)
バックアップポート1へ
■WANポート2の動作について
WANポート2で通信を行う場合、以下の機能を利用することはできません。
以下の機能は、WANポート1でのみ利用可能です。
・UPnP(ユニバーサルプラグアンドプレイ)機能
・IPv6ブリッジ機能
・WANポート帯域制限機能
・優先ルーティング機能
■メインポートへの復帰について
バックアップポートで動作中にメインポートの回線接続状態を検知した場合、自動的にメインポートに切り替わります。
■手動切り替えについて
メインポートとバックアップポートの切り替えは、設定画面から手動で行うことも可能です。

 

NetGenesisシリーズ よくある質問へ戻る

 

 

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.