有線/無線ルーター・アナログモデム ソフトウェア・ハードウェアともに自社開発 通信・ネットワーク機器のOEM/ODM

 

トップ > NetGenesis SuperOPT-GFive 仕様変更のお知らせ

ブロードバンドルーター・アナログモデム等製品の製品型番をご入力下さい。

サポートページはこちら
よくある質問はこちら

お問い合わせ

ルーター製品
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1200
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
M2M向け IoTゲートウェイ製品
MR-GM3
MR-GM3L
無線LANモバイルルーター製品
MR-GM3-W
MR-GM2
レイヤー2 VPN製品
UnifiedGate Twine
UnifiedGate1005
UnifiedGate505
UnifiedGate404
UnifiedGate Software Client
UnifiedGate304
アナログモデム製品
MDシリーズ ラインナップ
  MD30U
  MD30E
  MD50ER
  MD50SP
MR560MD5
MR560MD11
ネットワークプラットホーム製品
Linux Box NV1100
Linux Box NV1000
Linux Box NV710
ケーブルモデム・モジュール

画像ライブラリ

価格.com
満足度ランキング
1位 継続中

マイクロリサーチが支持される理由

2008年 2月 18日

NetGenesis SuperOPT-GFive 仕様変更のお知らせ


お客様各位

平素は弊社製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。

さて、「ギガビットイーサネット対応 ブロードバンドルータ NetGenesis SuperOPT-GFive」につきまして、
2008年2月の製造ロットより、RoHS指令対応に伴う部品変更のため、一部仕様の変更が行われています。

下記に主な変更内容をご案内させていただきます。
 ● RoHS指令対応、梱包箱のデザイン変更
  RoHS指令に対応しました。
また、それに伴い梱包箱のデザインを変更しました。
下記のRoHSマークが印刷されたものが新デザインになります。
 
「電気電子機器における特定有害物質の使用を制限するための指令」
(Restriction of the Use of Certain Hazardous Substances in Electrical and Electronic Equipment)
   
 ● 前面LEDの仕様変更
  各ポートのリンク状態を表す前面LEDの仕様を変更しました。
また、新たに「STATUS」LEDを追加しました。
 
 ● 電源スイッチの廃止
  電源スイッチを廃止しました。
 
 ● ジャンボフレームの仕様変更
  MRU(Maximum Receive Unit)値が9600bytes固定(変更不可)になりました。
 
 ● HUBポート(L2スイッチ)機能の仕様変更
  HUBポート(L2スイッチ)機能の仕様を一部変更しました。
 
HUBポート機能 旧仕様
2004年6月〜2008年1月製造
新仕様
2008年2月以降製造
VLAN機能 ポートベースVLAN ポートベースVLAN
タグベースVLAN
マルチプルVLAN
フラッディング制御機能 無し 有り
ブロードキャストストーム保護機能 有り 無し
速度制限機能 有り 無し
ミラーリング機能 対象データ方向選択可 対象データ方向は受信パケットのみ
(対象データ方向選択不可)
ブロードキャスト、ユニキャスト、マルチキャストのフラッディングを制御
 

その他、詳しくは NetGenesis SuperOPT-GFiveのカタログページ、及び オンラインマニュアル をご確認下さい。

 
本件に関するお問い合わせ先
  営業担当
電話番号: 03-3458-9021
FAX番号: 03-3458-9020

今後ともNetGenesis SuperOPT-GFiveを宜しくお願い致します。

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.