MD50シリーズはナンバーディスプレイ・DTMF送受信に対応した外付け型アナログモデムです。

 

トップMDシリーズ >MD50シリーズ Windows 8/Windows 8.1 セットアップ手順(RS-232C→USB変換アダプタをお使いの場合)

ブロードバンドルーター・アナログモデム等製品の製品型番をご入力下さい。

サポートページはこちら
よくある質問はこちら

お問い合わせ

ルーター製品
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1200
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
M2M向け IoTゲートウェイ製品
MR-GM3-D/K/S
MR-GM3-DK
MR-GM3-DKS
MR-GM3L
無線LANモバイルルーター製品
MR-GM3-W
MR-GM2
レイヤー2 VPN製品
UnifiedGate1005
UnifiedGate505
UnifiedGate404
UnifiedGate Software Client
UnifiedGate304
アナログモデム製品
MDシリーズ ラインナップ
  MD30U
  MD30E
  MD50ER
  MD50SP
MR560MD5
MR560MD11
ネットワークプラットホーム製品
Linux Box NV1100
Linux Box NV1000
Linux Box NV710
ケーブルモデム・モジュール

画像ライブラリ

価格.com
満足度ランキング
1位 継続中

マイクロリサーチが支持される理由

Windows 8/Windows 8.1でUSB→RS-232C変換アダプタを使用してMD50シリーズをセットアップする場合、以下の手順で行って下さい。
(以下はWindows 8でのセットアップ手順ですが、Windows8.1/Windows Server 2012も同様の手順です。)
Windows 8対応ドライバは、以下からダウンロードして下さい。
MD50SPダウンロードページ
MD50ERダウンロードページ
ダウンロードしたZIPファイルは、あらかじめわかりやすい場所に解凍して下さい。
USB→RS-232C変換アダプタを使用する場合、先にUSB→RS-232C変換アダプタのセットアップを完了して下さい。
USB→RS-232C変換アダプタのセットアップ方法については、USB→RS-232C変換アダプタのマニュアル等を参照して下さい。
パソコンのRS-232C(シリアル)ポートに直接接続している場合は、こちら の手順でセットアップを行なって下さい。

以下の手順でMD50シリーズをセットアップして下さい。
 ※Windowsへは管理者権限のアカウントでログインして下さい。

 1. 「デスクトップ」を表示して下さい。
   
 2. カーソルを右下に移動し、メニューを表示して「設定」をクリックして下さい。
 
   
 3. 「コントロールパネル」をクリックして下さい。
 
   
 4. 「表示方法」で「小さいアイコン」を選択して下さい。
 
   
 5. USB→RS-232C変換アダプタを使用しない場合は、手順8に進んで下さい。
USB→RS-232C変換アダプタを使用する場合は、 「デバイスマネージャー」をクリックして下さい。

   
 6. 「ポート(COMとLPT)」から、USB→RS232C変換アダプタのCOMポート番号を確認して下さい。

   
上記の場合、"COM4"でセットアップされています。
 チェック!
「USB→RS232C変換アダプタのCOMポート番号」が表示されない場合、USB→RS-232C変換アダプタが正しくセットアップされていません。
USB→RS-232C変換アダプタのマニュアル等を参照してセットアップを行って下さい。
   
 7. COMポート番号の確認が終わりましたら、「デバイスマネージャー」画面は閉じて下さい。
   
 8. 「コントロールパネル」から「電話とモデム」をクリックして下さい。
 
   
 9. 「所在地情報」が表示された場合は、「市外局番」、「ダイヤル方法」を設定して、[OK]ボタンをクリックして下さい。
「所在地情報」が表示されない場合は、手順10へ進んで下さい。
   
10. 「モデム」タブをクリックして、[追加]ボタンをクリックして下さい。

   
11. 「モデムを一覧から選択するので検出しない」にチェックを入れ、[次へ]ボタンをクリックして下さい。

   
12. [ディスク使用]ボタンをクリックして下さい。

   
13. [参照]ボタンをクリックして下さい。

   
14. ZIPファイルを解凍して生成された「MD50」フォルダ内の「MD50.inf」ファイルを選択して[開く]ボタンをクリックして下さい。
(Windowsの設定によっては「.inf」は表示されません。)

   
15. 以下の画面に戻りますので、[OK]ボタンをクリックして下さい。

   
16. 「MD50 Series  Analog modem」を選択して[次へ]ボタンをクリックして下さい。

   
17. 「選択したポート」を選択して下さい。
接続しているシリアルポートのポート番号を選択し、[次へ]ボタンをクリックして下さい。
USB→RS-232C変換アダプタを使用する場合は、 手順6で確認したポート番号を選択し、[次へ]ボタンをクリックして下さい。

   
18. 以下の画面が完了されましたら、[完了]ボタンをクリックして下さい。

   
19. モデム名と接続先が正しく表示されている事を確認して、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。



 チェック!
[プロパティ]ボタンが押せない場合、画面を閉じてパソコンを再起動して下さい。
再起動後、[プロパティ]ボタンが押せるか、再度お試し下さい。
   
20. 「診断」タブをクリックして、[モデムの照会]ボタンをクリックして下さい。

   
21. 以下のメッセージが表示されますので、消えるまでお待ち下さい。

   
22. 「コマンド」欄、「応答」欄に文字列が表示されれば正常にセットアップされています。
[OK]ボタンをクリックして画面を閉じて下さい。



 チェック!
文字列が表示されない場合は、「モデム」タブ内の「ポートの最高速度」を「57600」以下に変更してお試し下さい。
「ポートの最高速度」を変更しても文字列が表示されない場合は、手順17で選択したCOMポート番号に誤りがある可能性があります。
モデムを削除して、再度セットアップをやり直して下さい。

以上でWindows 8へのセットアップは完了です。

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.