3-2.Windows XP(有線LANで接続する)
Windows XP のTCP/IP設定について説明します。
 
はじめに
  ご利用のパソコンにイーサネットボード(ネットワークカード)が正しくセットアップされているか確認して下さい。
  確認方法については、Windowsのマニュアルやイーサネットボードのマニュアル等を参照して下さい。

  TCP/IPプロトコルがセットアップされていない場合、必ず追加して下さい。
  追加方法についてはWindowsのマニュアルやイーサネットボードのマニュアル等を参照して下さい。

  Windows XPのTCP/IP設定画面は、Windows側のバージョンアップ等により変更となる場合があります。
 
 メ モ
各パソコンのTCP/IP設定は、本製品に接続する全てのパソコンにおいて必要です。

TCP/IPプロトコルの設定は、本製品のDHCPサーバー機能を使用する・使用しないにより異なります。

DHCPサーバー機能は、本製品に接続されている各パソコン等へ自動的にTCP/IPの設定を行う機能です。

初めてLANを構築する方や、ネットワークについてあまり詳しくない方は、本製品のDHCPサーバー機能を使用することを推奨します。
本製品は「DHCPサーバー機能を使用する」が工場出荷値です。
本製品のLANポートIPアドレス「192.168.0.1」も特に問題無いようであれば、そのまま変更しないで下さい。
本製品のDHCPサーバー機能を使用する方は IPアドレスを自動取得する を参照してTCP/IP設定を行って下さい。

以降、本製品のDHCPサーバー機能を使用する(IPアドレス自動取得)・使用しない(IPアドレスを指定)に応じて、以下を参照して下さい。
 IPアドレスを自動取得する ・・・ DHCPサーバー機能を使用する(IPアドレス自動取得)
 IPアドレスを指定する(個別に設定) ・・・ DHCPサーバー機能を使用しない(IPアドレスを指定)

備 考
  IPアドレスを指定するパソコンと、IPアドレスを自動取得するパソコンを混在させることも可能です。
 
 注意) IPアドレスを指定するパソコンと、IPアドレスを自動取得するパソコンを混在させる場合、こちら の注意事項を参照して下さい。

  既存のLANに本製品を追加する場合は、LAN管理者と相談の上、設定を行って下さい。
  本製品のLANポートIPアドレスを工場出荷値(192.168.0.1)から変更する場合、必ず「1-2.設定を行う前に確認すること」の 既存のLANに本製品を追加する手順(本製品のLANポートIPアドレスを変更する手順) を参照して下さい。

  LAN内に本製品以外のDHCPサーバーがある場合、DHCPサーバーのマニュアルを参照して設定を行って下さい。必要な設定は以下の通りです。
 
(デフォルト)ゲートウェイ 本製品のLANポートIPアドレス
DNSサーバー 本製品のLANポートIPアドレス
  なお、本製品以外のDHCPサーバーを使用する場合、本製品のDHCPサーバーを「使用しない」設定に変更しなければなりません。
  DHCPサーバーの設定については 6-1.LAN設定 を参照して下さい。


3.有線LANで接続する へ戻る

IPアドレスを自動取得する

 チェック!
設定を行う前に、必ず本製品の電源をONにして下さい。


以下の手順で設定を行って下さい。
  1. Windows XPを起動して下さい。

     メ モ
    Administrator権限のあるユーザーアカウントでログオンして下さい。

  2. [スタート]→[コントロールパネル]の順番にクリックして下さい。

  3. [コントロールパネル]を開いた後、[ネットワークとインターネット接続]をクリックして下さい。



  4. [ネットワークとインターネット接続]を開いた後、[ネットワーク接続]をクリックして下さい。



  5. [ネットワーク接続]を開いた後、[ローカルエリア接続]をダブルクリックして下さい。



  6. [ローカルエリア接続の状態]を開いた後、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。



  7. [ローカルエリア接続のプロパティ]を開いた後、一覧の中の[インターネットプロトコル(TCP/IP)]を選択して、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。



  8. [IPアドレスを自動的に取得する]、及び[DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する]を選択して、[OK]ボタンをクリックして下さい。

以上で設定は完了です。

各画面で[OK]ボタンをクリックして下さい。


このページの先頭 へ戻る
3.有線LANで接続する へ戻る

IPアドレスを指定する(個別に設定)

パソコンにIPアドレスを指定する場合、以下のTCP/IP設定を行います。

  IPアドレス
各パソコンやネットワーク機器で、それぞれ重複しないように設定します。
(本製品のLANポートIPアドレスと、同一ネットワーク内のIPアドレスを設定します。)
  サブネットマスク
各パソコンのネットワークアドレスの範囲を設定します。
(ネットワークについて詳しくない場合は、本製品のLANポートと同じ値を設定して下さい。)
  DNSサーバーのIPアドレス
本製品のLANポートIPアドレス、またはプロバイダ等のDNSサーバーのIPアドレスを設定します。
  ゲートウェイ
本製品のLANポートIPアドレスを設定します。

IPアドレスを指定するパソコンと、IPアドレスを自動取得するパソコンを混在させる場合、設定内容によってはIPアドレスの衝突が発生する可能性があります。
指定するIPアドレスと、DHCPサーバーが付与するIPアドレスの範囲が競合しないように設定して下さい。


以下の手順で設定を行って下さい。
  1. Windows XPを起動して下さい。

     メ モ
    Administrator権限のあるユーザーアカウントでログオンして下さい。

  2. [スタート]→[コントロールパネル]の順番にダブルクリックして下さい。

  3. [コントロールパネル]を開いた後、[ネットワークとインターネット接続]をクリックして下さい。



  4. [ネットワークとインターネット接続]を開いた後、[ネットワーク接続]をクリックして下さい。



  5. [ネットワーク接続]を開いた後、[ローカルエリア接続]をダブルクリックして下さい。



  6. [ローカルエリア接続の状態]を開いた後、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。



  7. [ローカルエリア接続のプロパティ]を開いた後、一覧の中の[インターネットプロトコル(TCP/IP)]を選択して、[プロパティ]ボタンをクリックして下さい。



  8. [次のIPアドレスを使う]を選択して下さい。

      本製品のLANポートIPアドレスを工場出荷値(192.168.0.1、255.255.255.0)で使用する場合
     
      [IPアドレス]には「192.168.0.2〜192.168.0.254」の間のIPアドレスを、他のパソコン等と重複しないように注意して入力して下さい。
      [サブネット マスク]には「255.255.255.0」を入力して下さい。
      [デフォルト ゲートウェイ]には本製品のLANポートIPアドレス(192.168.0.1)を入力して下さい。
     

      本製品のLANポートIPアドレスを工場出荷値から変更する場合
     
      [IPアドレス]にはLAN管理者等から指定された固定IPアドレスを、他のパソコン等と重複しないように注意して入力して下さい。
      [サブネット マスク]にはLAN管理者等から指定された値を入力して下さい。
      [デフォルト ゲートウェイ]には変更した本製品のLANポートIPアドレスを入力して下さい。


  9. [次のDNSサーバーのアドレスを使う]を選択して下さい。

    [優先DNSサーバー]に本製品のLANポートIPアドレス、またはプロバイダやLAN管理者等から指定されたDNSサーバーのIPアドレスを入力して下さい。

    入力した後、[OK]ボタンをクリックして下さい。

以上で設定は完了です。

各画面で[OK]ボタンをクリックして下さい。
 
このページの先頭 へ戻る
3.有線LANで接続する へ戻る