有線/無線ルーター・アナログモデム ソフトウェア・ハードウェアともに自社開発 通信・ネットワーク機器のOEM/ODM

 

トップお客様サポートNetGenesisシリーズ よくある質問 > FAQ番号:0052

製品リスト
ブロードバンドIPルーター
NetGenesis GigaLink2000
NetGenesis GigaLink1000
NetGenesis SuperOPT-ITS Plus
NetGenesis SuperOPT-TS
NetGenesis SuperOPT100E
M2M向けIoTゲートウェイ
MR-GM3-D/K/S/DK
MR-GM3L
無線LANモバイルルーター
MR-GM3-W
MR-GM2
アナログモデム
MD30U
MD30E
MD50ER
MD50SP
 
販売終了製品
よくある質問
NetGenesisシリーズ よくある質問
MR-GM3-D/K/S/DK よくある質問
MR-GM3L よくある質問
MR-GM3-W よくある質問
MR-GM2 よくある質問
MDシリーズ よくある質問
UnifiedGate よくある質問
その他サポート情報
Windowsサポート情報
NetGenesis設定ガイド
ファイアウォール設定例
Q.NetGenesis GigaLink2000を負荷分散装置(ロードバランサ)として使用できますか?

ファームウェアVer5.304.00からソースルーティングの拡張機能として、負荷分散機能に対応しました。
2つのWANポートを「デフォルトゲートウェイポート」と「分散出力ポート」として設定し、通信を振り分けることができます。

負荷分散方法は、以下の2種類があります。

■ソースIPアドレスによる負荷分散
ソースIP アドレス(送信元IP アドレス)ごとに、デフォルトゲートウェイポートと分散出力ポートへ通信を交互に振り分けます。(振り分けはIPアドレスの順番に関係無く、通信を開始した順番で行われます。)
【ソースIPアドレスによる負荷分散例】
 192.168.0.2 からの通信をデフォルトゲートウェイポート(WAN ポート1)へ
 192.168.0.3 からの通信を分散出力ポート(WAN ポート2)へ
 192.168.0.5 からの通信をデフォルトゲートウェイポート(WAN ポート1)へ
 192.168.0.4 からの通信を分散出力ポート(WAN ポート2)へ
 192.168.0.10 からの通信をデフォルトゲートウェイポート(WAN ポート1)へ
■入力LANポートによる負荷分散
LAN ポートごとに、デフォルトゲートウェイポートと分散出力ポートへ通信を振り分けます。
【入力LANポートによる負荷分散例】
 L1〜L4 ポートからの通信をデフォルトゲートウェイポート(WAN ポート1)へ
 L5〜L8 ポートからの通信を分散出力ポート(WAN ポート2)へ
 ファームウェアバージョンアップについては こちら を参照して下さい。


 

NetGenesisシリーズ よくある質問へ戻る

 

 

ブロードバンドルーター/無線LANモバイルルーター・アナログモデムソフトウェア・ハードウェアともに自社開発
Copyright © 株式会社マイクロリサーチ All rights reserved.